飲食店のオーナーになるために

経営をスムーズに進めるコツ

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

これから飲食店を経営する

良い場所が見つかったら、借りるのにどのくらいの費用が掛かるのか聞いてください。 その時は、家賃だけ確認しないでください。 最初は、保証金が必要になるケースが多いです。 また、キッチンの設備が足りないと感じることがあるでしょう。 その時はリフォームしてください。 続きを読む

必要な資金を用意する

飲食店を経営する際は、どのくらいのお金が必要になるのか考えてください。
まずは、場所を確保しなければいけません。
お店を借りる時は、保証金が発生します。
家賃とは異なって、保証金は1回だけ、最初に支払います。
しかし保証金は家賃の、10か月分を支払うケースが多く、かなり高額になります。
保証金のことも忘れないで、資金を用意してください。
またリフォームする時も、お金が必要です。
そのままでは、飲食店を経営するのが難しいかもしれません。
リフォームすることで、キッチンの設備を増やせます。

飲食店を経営するには2つの免許資格が必須です。
どちらかが不足していると、飲食店を経営できないので気をつけてください。

実は飲食店を経営する時に、調理師免許など料理に関係する免許は必要ありません。
とりあえず食品衛生関連と、防火関連の2つを持っていれば大丈夫です。
必ず必要な資格は、この2種類だけです。
忘れず取得するようにしましょう。

飲食店の経営を開始したら、黙っているだけではいけません。
宣伝しないと、お客さんは来てくれません。
どんな方法で宣伝すれば良いのか、考えて実行しましょう。
経営を始めてから、宣伝方法を考えるのは遅いです。
事前に考えておくことで、お客さんがどんどん増えます。
お客さんが増えないと、経営状態が苦しくなってお店を続けられなくなってしまいます。
SNSを使って宣伝すると、たくさんのお客さんに情報が行き渡ります。
情報を拡散させましょう。

資格を入手しなければいけない

実は、誰でも飲食店を経営できるわけではありません。 資格を持っている人でないと、経営できないという決まりになっています。 安全に飲食店を経営するためなので、必ず資格を獲得してから行動してください。 無資格で飲食店を経営すると、警察に捕まってしまう恐れがあります。 続きを読む

たくさんの人に宣伝すること

お客さんが増えたなと、飲食店を経営し続けることはできません。 たくさん宣伝することで、お客さんが増えます。 宣伝の方法には、SNSが良いと言われています。 SNSを使いこなせば、立地条件があまり良くないところでもお客さんが増えます。 積極的に宣伝する意識を持ちましょう。 続きを読む